Top > ニキビ > ニキビケアをするにはぶちゃけ、高校生や大学生はあきらめが大切なんだ

ニキビケアをするにはぶちゃけ、高校生や大学生はあきらめが大切なんだ

にきびのお手入れと食事内容,にきびお手入れのためには、食事内容を良くしていくことも重要です。

にきびを作ってしまうような食事内容とは、どんなものなのでしょうか?



食べるものでにきびを寄せ付けないようにするには、にきびが発生する原因になるような皮脂を作りやすい食べ物を止めることです。

にきびのお手入れで意識しておきたい食事内容では、にきびの原因になる食べ物を食べ過ぎることは問題なのですが、気を付けてほしいのは健康な体を作るためにはどうしても必要な栄養はきっちりと摂り込むことです。結局のところにきびに対抗しようとといっても、食事はバランスよく、無茶苦茶な偏りもないように意識することが第一です。

揚げ物などの油ものや、動物性脂肪のある肉類などを摂取すると、どうしても血中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌もひどくなります。にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめしたいと思います。炭水化物は私たちが常に食べる中心となる食べ物の成分ですが、これは消化されて糖分にもなり、いずれ油分になって皮脂を生成するワケです。

炭水化物自体はつい食べてしまうこともあるですが、にきびお手入れのために食べ過ぎには心がけましょう。糖分がいっぱいある甘いものも、油分へと変わって皮脂を作り出すため、やっぱり食い過ぎないように心に留めておきたいものです。

飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂のターンオーバーに働きかけるビタミンB群を消費してしまうわけです。飲み過ぎは内臓への負担も大きく、生活習慣が乱れ体と肌にダメージのかかる原因にもつながります。

ぶっちゃけ、高校3年生のわたしにはできませんのであきらめたのですが。。

⇒ニキビで肌や毛穴が台無し大学生がアクネケアで残りの学生生活をストレスフリーに


ニキビ

関連エントリー
ニキビケアをするにはぶちゃけ、高校生や大学生はあきらめが大切なんだ