Top > 外壁塗装 > 外壁塗装と配色の関係

外壁塗装と配色の関係

外壁塗装には、淡い色または薄い色が良く使われるのですが、これはどの家でも比較的屋根の色が濃い目だからです。

 

原色に近い鮮やかな色は、外から見たときに落ち着かず、屋根が濃い色で外壁も濃い色では、全体のバランスも良くありません。

 

したがって、屋根は濃い色、外壁は淡い色・薄い色、庭の緑色というバランスが好まれ、外壁に濃い色を使いたいときは、全体ではなく一部(例えば玄関や窓枠のような飾りになる部分)に濃い色を使って調和を取るのが普通です。

もちろん、色は好みなので自由ではあるのですが、長く住む家に使う色ですから、刺激が強い色は避けたほうが無難です。

 

また、同じ色でも広い場所と狭い場所では、広い場所のほうが色が際立って見えます。

例えば、鮮やかな色は広くなるとより鮮やかに、暗い色はより暗く見えるということです。

そのため、塗装する前にサンプルで色を決める場合には、好みの色よりも抑えた色にしないと、塗ってから印象が変わるので注意しましょう。

アップルペイントの口コミ・評判は実際どうなの?

外壁塗装

関連エントリー
外壁塗装と配色の関係